30代女性のジッテプラスの効果的な3つの使い方!

背中ならではのポイントを!

背中ニキビのケアって、ちょっと難しいですよね。

 

鏡で見てもニキビの場所がよく見えないし、手も届きにくい。

 

 

それに、いざケアを始めようとしたとき、塗る量や塗り方が分からなくて、悩んだ経験はありませんか?
30代私の経験からジッテプラスの効果が十分に発揮される使い方をご紹介しますね。

 

私が30代女性なので30代女性に向けたおススメの方法としてますが、もちろん20代でも40代でも使える方法だと思います!

一回の使用量は?

ジッテプラスは医薬品ではなく化粧品です。

 

 

お薬の場合は、ニキビが気になる部分にだけ塗る商品もありますが、ジッテプラスの最大の目的は保湿。

 

お肌が乾燥していると、ニキビができやすい環境をつくってしまうので、ニキビができないように予防するためには、背中全体を保湿するのが効果的です。
ニキビが気になる部分にだけ塗るのではなく、背中全体の広範囲に塗りましょう。

 

 

1回の使用量の目安は、背中だけに塗るときは、さくらんぼ一個分ぐらい。
人差し指の先でたっぷりとすくって手のひらに広げ、しっかりとなじませます。

 

ジッテプラスは、背中だけでなく、腕やデコルテはもちろん、顔のニキビケアにも使えるので、使う場所の面積に応じて使用量を増やしてください。

 

ポイントは温めること!!

ジッテプラスの効果をより高めるには、成分が浸透しやすい状態にお肌を整えておくことが大切です。

 

つまり、入浴後の使用がもっとも効果的。

 

先に毛穴の汚れをしっかりと洗い落とし、皮膚をやわらかくしておくことで、有効成分が角質層の奥まで浸透しやすくなります。

 

 

また、適度にあたためるのも浸透力を高める大事なポイントです。
入浴後、まだ皮膚がやわらかく体がほてっているうちにしっかりとなじませることで、最大限の効果が得られます。

 

 

ジッテプラスは、1日2回、朝と夜に使うのが理想的ですが、朝は体も皮膚も硬くなっていますよね。

 

そんなときは、指先だけじゃなく手のひら全体を使って丁寧に塗り込むことで、手の熱で浸透力が高まりますので手早く済ませるのではなく、時間をかけてしっかりと背中全体になじませましょう。

 

家族と一緒に塗りっこがおすすめ

そうは言っても、背中全面に自分でジェルを塗るのは、ちょっと難しいですよね。

 

姉妹やお子様、ご主人など、塗るのを頼めるご家族がいるなら、ぜひお願いしましょう。

 

姉妹や親子なら、お互いに塗りっこをすると毎日のことでも頼みやすいですよね。

 

 

体が硬くてうまく塗れない人は、無理して手を伸ばすんじゃなく、ストレッチをするイメージでゆっくりと伸ばしていくと、次第に塗りやすくなります。

 

また、肩のうえから無理やり手をおろすだけではなく、首の付け根やわきの下、腰の上など、いろんな場所から手を伸ばすと、かなり広範囲にしっかりと塗ることができますよ。